北の国カラー全道版 北海道暮らし日記

北海道の寒さに弱く、本州の暑さは異次元すぎて無理な道民『どんさんパパ』の北国生活日記

カップ焼きそばをアレンジ!「マルちゃん焼きそば弁当」

 

北海道のキングオブ・カップ焼きそば

 f:id:donsanpapaboo:20190321110327j:plain

 

北海道ほぼ限定(一部本州取り扱いあり)のカップ焼きそば「マルちゃん焼きそば弁当」(以下 ヤキベン)

 

ガキの頃から食べてきた、道民のソウルフードも、さすがに少し食べ飽きてきたかな(笑)

 

UFOや一平ちゃんと浮気することもありますが、やはりヤキベンに戻ってしまう。

 

最近はペヤングも店頭で見かけるようになりましたが、ヤキベンの圧倒的道内シェアはいまだ健在です。

 

定番の味をちょっとアレンジしてみましょう。

オムレツを乗せた「オムそば風」は結構やりましたが、他にアイデアはないかな…。

 

で、ヤキベンをフライパンで焼いてみたら「本物の焼きそば風」になりました👍

 

 

カップ焼きそばを焼く!

 

作り方
①お湯を沸かす間に、お好みのトッピング具材を切っておく。
今回は玉ねぎ、ベーコン。

バター溶かしたフライパンを熱して…(バター無しでもOK)

f:id:donsanpapaboo:20190321111635j:plain

 


②トッピングを炒めます。
 塩コショウは不要です。

f:id:donsanpapaboo:20190321111745j:plain

 

f:id:donsanpapaboo:20190321111519j:plain

③ヤキベンには通常どおり〝かやく〟を入れお湯を注ぎます。

 

f:id:donsanpapaboo:20190321112012j:plain



④ヤキベンは通常3分のところ「2分」で湯切りする。

シンクがお約束のガコン!を鳴いたらOK(芸術点加算)

 

f:id:donsanpapaboo:20190321112121j:plain



湯切りは「汁気が残る」程度に緩く。
こうすると、フライパンで焼いたあと麺がアルデンテだ。
硬めが好きな方はしっかり湯切りすればよいぞ。

 

ここからが勝負

⑤フライパンにサラダ湯小さじ1をなじませ、麺を炒めます。続いてトッピングも投下!

 

⑥それほど間をおかず添付ソースを全体均等に回しかけ。

ウスターソースやケチャップ、タバスコ等をちょい足しするなど、いろいろ自分流でアレンジするのもいいね。

f:id:donsanpapaboo:20190321112320j:plain

 

中火に調節して炒めます。

あまり長くは炒めないほうが、麺が伸びないよ。

 

f:id:donsanpapaboo:20190321112427j:plain



⑦汁気なくなるくらい炒めたら(適当(笑))
元のカップに。
ここで小洒落た皿に盛り付けるなんて野暮だ。
ヤキベンは元のカップでチープ感を損なわせずに頂くのだ。

f:id:donsanpapaboo:20190321113801j:plain

 

添付の青のりを散らし出来上がり…ではない。

 

f:id:donsanpapaboo:20190321113858j:plain



魔法の鞭を打つ❗(お好みで)
ピシャリとマヨネーズを麺に連打。
美しいマヨ軌跡、これはテクニック要りますよ
ハアハア(;´д`)
うまそ~🎶

 

実食!

 

f:id:donsanpapaboo:20190321114003j:plain



さあ、喰おう🎵
ヤキベン独特の甘しょっぱいソースとマヨネーズが絡み、トッピングの玉ねぎ甘み、ベーコンの脂。
カップ焼きそばよりちょっと深化したテイストだ🍴
旨いよ🎵

 

先日ヤンをヤキベンを作っていた時、ボケっとしていて〝かやく〟を入れ忘れたので保管していました。

それを今回は投入❗
贅沢にもヤキベンかやくダブル🎵
この〝かやく〟からお湯を通じて麺に馴染む旨味も調味料だし、食べ応えもボリューミーに。
カップ焼きそばアレンジ、お試しあれ。